【CBDの法的位置づけ:今知っておくべきこと】

こんにちは、ラフループのさとしです!
私たちはCBDを配合したコスメをプロデュースしています🧴

大麻についてのイメージは、しばしば複雑で誤解されがちですよね‼️
しかし、大麻にはCBDという素晴らしい成分が含まれていることをご存知ですか?

私たちの目的は、「大麻っていい物だよ!」と、単にアピールすることではなく、CBDの真の健康効果をお伝えするために情報提供に努めます。

 

vol.14 【CBDの法的地位と規制】

 

はじめに

「グリーンラッシュ」という言葉を最近耳にしたことはありますか?

19世紀のアメリカでの「ゴールドラッシュ」が金を求める人々を惹きつけたのと同様、21世紀の「グリーンラッシュ」は、大麻とその関連産業の急激な拡大とともに現れた現象です。

多くの国や地域での大麻の合法化や医療用途への認知の拡大が、新しいビジネスチャンスや投資の機会を生んでいます。

 

 

1. CBDの基礎知識

画像

CBDは、大麻植物に含まれる100以上のカンナビノイドのうちの一つです。

最も知られているカンナビノイドであるTHC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、CBDには高揚感や興奮を引き起こす精神活性作用はありません。これは、THCがCB1受容体に作用するのに対して、CBDは主にCB2受容体に作用するためです。

 

2. CBDの法的地位

画像

多くの国や地域でCBDの法的地位は、その含有するTHCの量や製品の使用目的に基づいて決まります。多くの国では0.2%~0.3%未満のTHCを含むCBD製品は合法とされています。この基準値は国によって微妙に異なるため、製品購入や持ち込みの際には十分な注意が必要です。

 

3. CBD製品の規制

画像

4. 米国


米国においてCBDの規制は、2018年の「農業改善法」の成立以降、大きな変化を遂げてきました。この法律により、0.3%以下のTHCを含む麻からのCBDの生産が合法とされました。
しかしながら、CBD製品の販売とそのラベリングに関してはFDA(食品医薬品局)が監督しています。
FDAは、てんかん治療薬「エピディオレックス」を承認しており、これがCBDを含む初めての医薬品となりました。
食品やサプリメントとしてのCBDの販売に関するガイドラインはまだ明確ではありませんが、FDAは無許可でのCBDを含む食品の販売や、治療効果をうたった健康食品のマーケティングに対しては警告を発しています。

 

画像

5. EU


EUにおけるCBDの規制は複雑であり、全体的なガイドラインと各国の独自の規制が存在します。
EUの法律では、CBD製品は「新食品」として分類されており、市場への導入前に安全性の評価が必要とされています。その安全性評価には、CBDの抽出方法や摂取量、使用目的に基づく科学的データが求められます。
しかし、例えばフランスではCBD製品の販売が認められている一方で、スウェーデンでは医薬品としてのみの扱いとなっているなど、国ごとの規制の違いが顕著です。

 

画像

6. 日本


日本ではCBD自体は非違法とされていますが、製品としての取り扱いは非常に厳しく制限されています。THCを含む大麻は「大麻取締法」により厳しく規制されており、CBD製品もその例外ではありません。
食品やサプリメントとしてのCBD製品の販売は認められていませんが、医薬品としての使用や研究目的での輸入は一部許可されています。
しかし、0.03%以上のTHCを含む製品の輸入や所持は厳しく禁じられています。

 

7. 今後の見通し


CBDの法的地位や規制は、国際的な研究や取り組みの進展、そして公的な安全性評価によって、今後も変動する可能性があります。消費者としては、最新の情報や法的背景を理解し、安全な使用を心掛ける必要があります。

 

8. まとめ


CBDの法的地位と規制は、国や地域、さらにはその使用目的によって異なります。消費者や関連事業者は、最新の情報を追い続け、適切な知識を持つことで、より安全かつ効果的なCBDの利用が期待されます。

 

参考文献

  1. World Health Organization (2018). Cannabidiol (CBD) Critical Review Report. WHO.

  2. U.S. Food and Drug Administration (2019). What You Need to Know (And What We're Working to Find Out) About Products Containing Cannabis or Cannabis-derived Compounds, Including CBD.

  3. European Commission (2020). Cannabidiol (CBD) in foodstuffs – Our current viewpoint. EU.

  4. Ministry of Health, Labour and Welfare (2021). Handling of Cannabidiol (CBD) in Japan. MHLW.

*この内容は基本的な情報を提供するものであり、専門的なアドバイスを提供するものではありません。

コメントを残す